七夕

画像

七夕の行事と言うと、
ほとんどのかたは、
竹笹に願い事を書いた短冊を結び付け、
その七夕飾りを玄関先などに立てかけることを、
想像するのではないだろうか
じつはこの七夕の竹飾りは、
意外と古くから行われている行事で、
江戸時代に、
都市部で始まった行事と言われている
何だか農村で行われていた行事のように感じるが、
都市から農村へ広がっていった年中行事のようだ

画像

現在、七夕の竹飾りには、
様々な色の短冊に「願い事」を書いて結びつけている
しかし、これは近年広まった風習のようで、
昔はただ単に、
天の川」とか「七夕様」という文字を書いたり、
和歌」や「七夕の歌」を、
短冊に書いて結び付けていたという
昔はサトイモの葉にたまった朝露を硯に集めて墨をすり、
その墨汁を使って短冊に文字を書くことで、
習字が上達すると言われていた
七夕の竹飾りが庶民に広まる前は、
農村で七夕の行事というと、
お盆を迎えるための準備のことを指していた
七夕のことを「七日盆」という地域も多く、
七夕が7月15日のお盆の、
1週間前であることを意味している
ちなみに暦が新暦に替わった後も、
東京や横浜では7月がお盆なので、
七夕はお盆の1週間前にあたることになる
昔は七日盆には家からお墓までの道の草むしりをしたり、
お墓の掃除をしたり、仏具の手入れをしたり、
ちょうちんを吊るしたりして、
気持ち良くお盆を迎えることが出来るように、
お盆の準備をする日だった
また、七夕の日の夕方から、
盆棚を作るという地域もあるようだ
盆棚の四方には竹を立てるが、
これは七夕の竹飾りに通じている
また、盆棚には幡を安置するが、
盆棚に安置する幡なので、
これを「棚幡」と呼び、
それがいつしか「七夕」になったという説もある
記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリックで、等倍画像が開きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック