アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
テントウムシの集団越冬
テントウムシの集団越冬 民家や物置の庇の下や、東屋の屋根の内側、 使わずに伏せてある植木鉢の内側などを丁寧に見ていくと、 テントウムシが集団越冬していることがある。 都市公園では樹木に取り付けてあるネームプレートも、 昆虫の越冬場所によく使われる。 テントウムシの仲間で、集団越冬をしているのが見つかるのは、 たいていナミテントウだ。 もう一つのおなじみのテントウムシのナナホシテントウは、 集団越冬の習性はないようで、 落ち葉の下で単独で越冬していることが多い。 また、ナナホシテントウは啓... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/27 17:28
モズ
モズ 谷戸の耕作地とその周辺はモズに人気で、 毎年複数のモズの姿を見ることが出来る。 畑に立つ農業用の支柱を一本一本見て行くと、 たいていどれかにモズが止まっている。 それはそれで里山らしくていい光景なのだが、 「出来ることなら人工物ではなくて、 自然の場所に止まってほしいな〜」とキョロキョロあたりを見回していたら、 畑の横の草地に獲物を探すモズの姿があった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/26 16:04
中途半端な印象の「赤いマンサク」
中途半端な印象の「赤いマンサク」 近年、都市公園などでは、 赤い色の花を咲かせるマンサクを見る機会が増えた。 在来種よりも少し早く咲き出し、花が大きくて、花付きもよい。 花の色は濃厚なワインレッドで、常に一定の色合いで咲く。 これらの特徴から、園芸品種のマンサクであることが分かる。 私が毎年観察を続けている画像の「赤いマンサク」も、 在来種よりも花が大きくて、花付きがよいことから、 園芸品種であることは確かなのだが、どうも様子がおかしい。 花色は都市公園によく植栽される「濃厚なワインレッド」ではなく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/24 17:32
ケヤマハンノキの冬芽
ケヤマハンノキの冬芽 ハンノキの仲間の果実は小さな松ぼっくりのような形をしている。 年を越しても、前年の果実は枝に付いたままで、 ハンノキを見分ける際の手がかりにもなる。 ケヤマハンノキはハンノキの仲間では、 果実が最も小さく貧弱だ・・・・・・。 湿地に多く自生するハンノキの果実の半分もない印象だ。 この日の観察ではケヤマハンノキの冬芽はまだ堅く、 春はもう少し先のようだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 16:41
ウシカメムシ
ウシカメムシ ウシカメムシは真冬でもフィールドでよく出会う。 他のカメムシに比べて眠りが浅いのだろうか 晴れて少し気温が上がると、 竹柵の上や杭と杭の間に張ってあるロープの上を歩いている。 画像のウシカメムシは斜面の転倒防止用の手すりの、 ジョイント部分で越冬しているようだった記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/20 15:34
風邪
風邪 久しぶりに、病院に行かなければ治らないないほどの、 ひどい風邪を引いた・・・・・・。 もらってきた薬を指示通りに飲むが、一向に熱が下がらず、 二日後、再び病院へ・・・・・・。 抗生物質の効果が全く出ていないので、 薬を全て違うものに変更することになった。 薬を変えたら、すぐに効果が出て熱が下がった。 熱が下がって、気分的にはすっきりしたのだが、 薬の副作用で、一日中、頭はボーっとしていて、 体はフワフワと地に着かない感じが続いている。 まだ、薬は残っているので、... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/19 16:01
葦原
葦原 冬枯れの葦原は美しい。 風で枯れた茎同士がぶつかり合って、 さらさらと心地よい音が通り抜けて行く・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 (ひどい風邪を引いてしまい現在グロッキーです。 数日更新出来ないかもしれません) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 16:55
立春を過ぎて
立春を過ぎて 里山では立春を迎えるとマンサクや梅の花が次々と咲き、 福寿草やフキノトウが地面から顔を出し始める。 このうち立春にもっとも忠実に咲き始めるのがマンサクの花だろう。 先週まではほとんど咲いていなかったのに、 立春を迎える週になった途端、一気に花がほころび始めたという年も多い。 ところが、都市部では、野山の花を見る機会は少なくなって、 マンサクや梅の花は公園の植栽で見る人がほとんどになった。 最近はどんな植物も品種改良が盛んで、 マンサクや梅も例外ではない。 もともと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/14 16:48
シナサワグルミの冬芽葉痕
シナサワグルミの冬芽葉痕 クルミの仲間の冬芽葉痕はどれもよく似ているが、 じっくり観察してみると、冬芽の形や質感、 葉痕の形や顔のように見える表情が微妙に違う。 画像はシナサワグルミで、 昔は公園や街路によく利用されていたらしい。 綺麗に舗装整備された都市公園で見ることはまずなく、 住宅街の中にある、昭和の雰囲気が残る、 ちっちゃな児童公園のような場所で偶然見つかることがある。 シナサワグルミは冬芽の部分だけをクローズアップしてみると、 なんだか宇宙からやって来た謎の生命体みたいだ・・・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/13 17:13
ジョウビタキ
ジョウビタキ 例年だとジョウビタキは湿地や田んぼなどで、 複数の個体が縄張りを張っている。 これはそのような環境がエサが豊富だからだ。 しかし、今冬はなぜか湿地や田んぼでジョウビタキとあまり出会わない。 その代わり、人の生活圏でよく見かける。 民家の庭先の梅の木に止まっていたり、 止めてある自転車のサドルに乗っていたこともあった。 人が畑で作業していると、どこからかやって来て、 支柱にじっと止まって様子を見ていたりする。 ジョウビタキはもともと好奇心旺盛で、人懐っこいところが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/11 17:20
ヤマアカガエルの卵塊
ヤマアカガエルの卵塊 画像は産卵からそれほど経っていないと思われる、 ヤマアカガエルの卵塊。 透明なのでちょっと分かりにくいかもしれないが、 これから時間が経過して行くにつれて、 卵一個一個に泥などが付着して行き、輪郭がはっきりして来る。 もう少し引いて撮影しようと思っていたのだが、 卵塊が透明で分かりにくいのと、 引きで撮影しようとすると、水面の反射がきつくなる場所だったので、 ドアップで撮影してみた・・・・・・。 画像の卵塊には泥やゴミがほとんど付着していなかったので、 立春のころに... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/10 17:18
マンサクの見分け方
マンサクの見分け方 公園などに植えられている、シナマンサクや園芸品種のマンサクは、 開花が早いものが多いので、もうだいぶ咲き進んでいると思うが、 山野に自生する在来種のマンサクはようやく咲き始めたところだ。 まだ、リボン状の花びらがクルクルと巻いていて、 伸びきっていない部分も多く、 2月いっぱいは花を楽しめそうだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 (各種マンサクの見分け方は、 記事下のテーマ「マンサク見分け方」より記事一覧に入れます...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 17:25
クワコの繭
クワコの繭 クワコはカイコの起源と言われている蛾だ。 カイコ同様、幼虫は桑の葉を食べて育つ。 ちなみにカイコという蛾は飼育種で野生にはいない。 冬になってヤマグワが葉を落とすと、 枝に画像のような繭がぶら下がっているのが目立つようになる。 これがクワコの空繭だ。 里山ではヤマグワが多く自生しているので、 冬になるとあちこちで見かける光景だ。 近所ではなぜか畑の縁に、 やたらと背の低いヤマグワが植えられている場所が何ヶ所かあって、 そのヤマグワの木でも、クワコの繭は毎年観察... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/07 17:23
ムラサキツバメのオス
ムラサキツバメのオス ムラサキツバメは成虫で越冬する。 天気がよい日に林縁を散策していると、 日当たりのよい場所にひらひらと舞い出て来る。 長い距離を飛ぶことはなく、越冬していた木の周辺で、 葉から葉へ、少し移動しては止まりを繰り返す。 暖かい日ほど落ち着きがなく、 たいした距離を飛ばないにもかかわらず、 すぐに飛び立ってしまい、撮影は難しい・・・・・・。 天気がよくても、気温が低いと、 翅を広げてじっと日光浴を始めるので、 こんな日の方が撮影には向いている・・・・・・記事画... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/06 16:56
福茶
福茶 節分には年の数だけ豆を食べる。 子供のころは喜んで食べていたが、 だんだん年を重ねて行くと、そんなに食べられないものだ。 そんな時は福茶にして飲むといい。 「福茶」とは縁起のよい時に飲むお茶のことで、 節分に飲む福茶には福豆と昆布と梅干を入れる。 福豆は少し焦げ目が付くくらい炒ると風味がよくなる。 昆布は塩昆布を使うとお手軽で美味しくなる。 梅干は種を取って、好みの量を入れるといい。 あとは熱湯か緑茶を注げば福茶になる。 ちなみに一人分の福豆の数は、 縁... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/03 17:35
雪模様
雪模様 画像は昨年11月に降った雪。 辺り一面真っ白とはならなかったが、 畑に面白い模様を浮かび上がらせていた。 今冬は早々と雪が降り、 例年より雪が多くなるのかなと思いきや、 12月は予想に反して暖かい日が多くなり、 年を越して寒くなったと思ったら、晴天続きで雨すら降らず、 空気はカサカサに乾燥して、インフルエンザ警報が出るほどに。 里山の動植物のためにも、 そろそろ雨が降ってくれるといいのだが・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/02 16:05

<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

里山再生計画 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる